ケンブリッジ英語検定事務局

よくあるご質問

Questions

 

申込関係

Q1-1:申し込みには何が必要ですか?
Q1-2:申し込みはどのようにすればよろしいでしょうか?
Q1-3:インターネットでの申込は可能ですか?
Q1-4:試験会場はどこでしょうか?東京以外にありますか?
Q1-5:受験票はいつ頃いただけますか?
Q1-6:締切後の申込は受け付けておりますか?

 

試験関係

Q2-1:試験当日の持ち物を教えてください
Q2-1:合否結果はいつ頃わかりますか?
Q2-3:その他の注意事項はありますか?
Q2-4:Speaking Testは同日に行われますか?
Q2-5:遠方の為、Speaking Testの順番を早める事は可能ですか?

 

Certicates

Q3-1:以前取得しましたCertificatesを紛失してしまいましたが再発行は可能ですか?
Q3-2:名前を変更しましたがCertificatesの再発行は可能でしょうか?

 

 

Answers

 

申込関係

 

Q1-1:申し込みには何が必要ですか?

  A:申込書と検定料が必要となります。顔写真等は必要ございません。

 

 

Q1-2:申し込みはどのようにすればよろしいでしょうか?

  A:事務局(045-905-2281)までお電話いただくか、お問い合わせフォームにてご連絡下さい。受検要項及び申込書をお送りいたします。

 

 

Q1-3:インターネットでの申込は可能ですか?

  A:申し訳ございません。現在はインターネット上での申込は出来ません。申込用紙を郵送もしくはmailにてお送りいたしますのでそちらにご記入頂き事務局までお送り下さい。

 

 

Q1-4:試験会場はどこでしょうか?東京以外にありますか?

  A:現在確定しているのは都内中野サンプラザです。申し訳ございませんが東京以外の会場は現時点ではございません。

 

 

Q1-5:受験票はいつ頃いただけますか?

  A:申込受付締切り後にエントリー登録→Cambridge SEOL本部がConfirmation of Entry(受験票)発行となります。申込受付締切約1ヶ月後位だとご理解下さい。

 

 

Q1-6:締切後の申込は受け付けておりますか?

  A:受け付けておりますので申込は可能です。但し、レイトエントリーということで受検料以外に別途追加料金がかかります。追加料金はどのコースも一律5,250円(税込)となっております。

 

 

 

試験関係

 

Q2-1:試験当日の持ち物を教えてください。

  A:受験票、身分証明書(顔写真つき、パスポート、自動車運転免許証、学生証など)、筆記用具(ボールペンでの回答記入問題もございます。必ずボールペンも持参して下さい)となります。

 

 

Q2-2:合否結果はいつ頃わかりますか?

  A:約検定1ヵ月半~2ヵ月後にオンラインでの確認が可能となります。Certificatesはさらにそれから4~6週間後に発行となります。

 

 

Q2-3:その他の注意事項はありますか?

  A:試験中は飲食は禁止となっております。唯一ミネラルウォーターのみ可能です。お茶、コーヒー、紅茶などは机の上には出せませんのでお気をつけ下さい。

 

 

Q2-4:Speaking Testは同日に行われますか?

  A:基本的に同日で行うようにしております。尚、当テストは受験番号順に行うため、受験者数によってはかなりの時間お待ち頂く事になる可能性もございます。ご了承下さい。

 

Q2-5:遠方の為、Speaking Testの順番を早める事は可能ですか?

  A:申し訳ございません。テストは申込順に登録されますので順番の変更はできません。後半の方は長時間お待ちいただくこともございますので予め御了承下さい。

 

 

Certificates

 

Q3-1:以前取得しましたCertificatesを紛失してしまいましたが再発行は可能ですか?

  A:Certificatesの再発行はケンブリッジESOLのポリシーとして行っておりません。そのかわりにCertifying Statement of Resultsを発行しております。
Certifying Statement of Resultsの申請は受検者本人もしくは受検しましたセンターからのみ可能となっております。
詳しくはこちらまで Lost certificates (申請書PDFのダウンロードが可能です。)

 

 

Q3-2:名前を変更しましたがCertificatesの再発行は可能でしょうか?

  A:結婚・離婚その他公的に氏名を変更した場合でも基本的には再発行はいたしません。受験当時のステータスを尊重するというのがESOLのポリシーです。

 


▲page top